防虫ネットとは?

皆様はご存知でしょうか?もし虫を防ごうとして網戸の目を細かくするだけでは何の役にも立たないことを。

これがどういうことかご説明します。

一般に市販されている網戸

普通に市販されている網戸の多くはただ単に網目のマスを小さくしているものが多いといえます。たとえば26メッシュを18メッシュにするとかですが、これは理論的に言えば確かにこのメッシュ(マス目)を小さくすればするほど虫は侵入しにくくなります。誰が考えてもそうですね。

でもこれは多くの弊害が出てきます。たとえばこの日本には体長わずか0.5mm以下の昆虫が存在します。この昆虫を通さないために0.4mmのメッシュを持つネットを作りました。

しかし残念ながらこれではこのネットを空気がとても通りにくくなってしまいます。

網戸は虫を防ぎつつ、室内に空気を循環・通過させることが役目ですからこれでは網戸ではなくなってしまいます。さらにこれよりも小さな虫が環境の変化や外来生物の侵入により発生したらどうするのでしょうか?

またもっと小さなマス目のネットをつくってみるのでしょうか?これではいつまでたっても虫を防ぎきることはできませんし室内環境はどんどん悪化していきます。

弊社のFUN防虫ネットとは

弊社の防虫ネットはこれらのただ単にマス目を小さくすることよる弊害、おもに空気の流入量をできるだけ減らさずになおかつマス目の小ささに頼らない防虫力を実現しました。

★単に四角のマス目ではない特殊な編み方で虫をシャットアウト

ネットマス目この写真を見ていただければすぐにわかると思いますが弊社の販売する防虫ネットは縦ラインと横ライン以外に八の字型の変形クロスラインが編み込まれています。

これは虫が羽をたたんだ時にも引っかかりやすい構造にしたものです。

このため非常に小さな虫でもこのネットより内側へ侵入することは困難になります。

 

 

 

防虫ネットの視認性

弊社の防虫ネットは内側から見た場合の視認性は通常の網戸とほとんど変わりません。

ネット視認性1ネットをつけていない状態です。

ネット視認性2ネットを装着した場合の視認性です。

小さな虫ほど強力に効く忌避剤を練りこんで防虫力アップ

さらにこのライン一つ一つがそれぞれ単に1本ではなく複数本が編み込まれたラインです。ここに防虫忌避剤が含浸させてあるため虫はさらに侵入しにくくなります。

網戸の枠には収まらない多彩な使用法

単に網戸というだけでなくネットを短冊状にカットしてつるしたり、どうしても虫の侵入を防ぎたいものならこれを使って包むだけでも長期に虫の侵入を防ぎます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本品はプロユースの商品です。対象は法人及び事業者様のみとなり一般市販はしておりません。事業者様および法人様はお問い合わせよりお見積り請求をお願いいたします。